others

秋のひやおろし・2酒入荷

この記事をツイッターにRTする

 ■今回入荷のひやおろし 

●大那 純米吟醸 那須雄町 (栃木県、菊の里酒造)

今や人気銘柄となりました大那(だいな)。しっとり仕上がりました、純米吟醸酒です。
爽やかさと旨みが共存した味わいは、味覚の季節が益々楽しみになります。

●鶴齢 特別純米 ひやおろし 山田錦55 (新潟県 青木酒造)

ご存知、鶴齢(かくれい)は純米酒好きな方々を魅了しつづけています。
山田錦の奥深い味わい、無濾過の香りと深いコク。濃厚な旨みをたたえながらも、爽やかな後味は仕込み水の良さが活かされてているということでもありましょう。

今回入荷は、鶴齢(かくれい)と大那(だいな)


「ひやおろし」 って、、、
日本酒が市販されるまでには、一般に 2度の火入れ処理が行われます。
1回目は搾った後の貯蔵のとき、そして熟成の後、出荷前に2回目の火入れが行われます。

漸く涼しくなった秋口に、2回目の火入れ処理をせずに、瓶詰めされ出荷されるお酒が、
秋のひやおろし」です。

冷蔵設備が望めなかった昔は、「生」の風味漂う冷おろしは珍重されました。
現代では冷蔵設備、輸送体制、技術がが整い、どなたでも
ひやおろし が愉しめるというわけです。



コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック